薄毛を止めることが出来たのは娘のおかげ!父の日にプロペシアの贈り物

プロペシアが気になっているあなたへ!?

男性のハゲですが、じつはれっきとした病気なのをご存知ですか?
ハゲの特徴を見たらわかると思いますが、前髪部分がだんだん薄くなっていき、そして頭頂部も丸く薄くなっていきます。
逆に後頭部や側頭部は全くはげないですよね?
これ男性にしか起こらないハゲ方で、原因は男性ホルモンだと考えられています。
この男性ホルモン自体に働きかける治療薬がプロペシアで初めての男性のハゲの医師による処方箋薬となったのです。
主の成分はフィナステリドでアメリカのメルク製薬会社が開発販売しております。
日本ではMSD株式会社が販売元となっており、2005年から販売されています。
それまで日本国内では正式な脱毛症用の経口投与の治療薬は存在しておらず、プロペシアが実質初めての脱毛症用治療薬となったのです。
実はこれより以前にミノキシジルという成分が開発されており、日本などでは大正製薬からリアップシリーズが塗る育毛剤として販売されています。
ミノキシジルは海外ではタブレットタイプとしても販売されていますが、日本ではミノキシジルのタブレットタイプは正式には認められていないのです。
これは効果が高い反面副作用も強いことから日本でも安全性の観点の相違により認められていないのです。
その点プロぺシアは効果も高くさらに安全性も確立されているので、男性の脱毛症には現在無くてはならない存在となっているのです。
ただ一つ問題を挙げるとしたら、男性の脱毛症の治療は保険が適用されないということです。すべて自己負担となるので治療を継続させるためには相当な負担となってしまいます。
そこで、最近話題となっているのがジェネリック医薬品。
フィンペシアというインドのシプ社が製造販売している治療薬の主の成分はプロペシアと全く同じフィナステリドです。
フィンペシアは位置づけとして後発薬で、元からある信頼がある成分を基に開発されています。
フィナステリドが含まれているフィンペシアはプロペシアと全く同じ作用が期待できるのですが、なんとかなり安価に購入することが出来るのです。
元からある成分を基に開発されているので販売価格も安くできるということです。
インドの医薬品は個人輸入で購入することが出来ますので、個人で使用する場合であればインターネットなどで購入できます。